【仕事 逃げる】で検索した内容のまとめ

スポンサーリンク
仕事逃げる_1

はじめに

本記事は、Google検索で【仕事 逃げる】のキーワードで、
検索した際の情報を、まとめた記事になります。

本記事の趣旨としては、
【仕事 逃げる】に対する考え方や、対応方法について
記載していきます。

【仕事 逃げる】で上位に表示されるサイトの傾向

仕事 逃げる】で上位に表示されるサイトの傾向については、
主に以下になります。

・仕事から逃げると逃げ癖がついてしまう
・仕事が辛かったら、逃げても良い


・仕事から逃げると逃げ癖がついてしまう
仕事から逃げることに罪悪感を持っており、
逃げることを克服するための内容が書いてある。

逃げることを克服、回避するための方法や考えかたについての記載がある。

・仕事が辛かったら、逃げても良い
本当は仕事から逃げたいが、罪悪感や、将来への不安(次の仕事が見つからないなど)で、身動きが取れず、その結果心身を病んでしまい働けなくなってしまうパターン。

働けなくなってしまう 前に、仕事からは逃げましょうという内容
仕事から逃げる方法(転職を含む)、考え方についての記載がある。

仕事から【逃げる】or【逃げない】の判断基準はあるか?

判断基準はあります。

逃げることを克服、回避するのも、それなりにしんどい。
かといって、仕事を辞めて転職するにしても、
それなりにエネルギーを消費します。

特に心身が弱っている時点では、
自分自身正常な判断ができない可能性が高いです。

そのため、ある程度の判断基準を設けました。
詳細については、後述します。

【逃げる】or【逃げない】判断基準【まず考えること】

【逃げる】【逃げない】を考える前に、
まず自分の置かれている状況を整理します。
ポイントとしては、以下の3つになります。

・逃げたいと思っている原因は何か
・規則正しい生活を送っているか。
・自分自身の心身の状態はどうか。


・逃げたいと思っている原因は何か
逃げたいと思っている原因を洗い出します。

例えば、
ストレスのかかる仕事を抱えているか。
自分自身にかかっている業務量が多すぎるのか。
人間関係がきつい
など。

頭の中だけで考えていると、
思考が堂々めぐりするだけなので、
箇条書きでも良いので、メモに書いていきます。
この時点では、善悪関係なく思いつくものを全て書き出します。

判断基準となるものとしては、
ただ単純に目の前の仕事から逃げたいのか、
それとも、人間関係や自分の力では、
どうにもならない要因が絡んでいるかになります。

・規則正しい生活を送っているか。
人はある程度、規則正しい生活を送らないと、
パフォーマンスを発揮することができません。
分かりやすいのが、睡眠をしっかりとっているかは、
特に重要です。
睡眠をしっかりとっていないと、
日中仕事をする上で、脳が働いていないので、
パフォーマンスを発揮することができないです。

・自分自身の心身の状態はどうか。
身体が重い、夜眠れない、寝ても夜中に目が覚め等、
なんだか体調が悪いなどといった、自覚症状はないか。

体調が悪い場合は、まず病院に行って、
観てもらった方が良いです。

【逃げる】or【逃げない】判断基準【逃げない方が良い場合】

目の前の仕事から逃げたいといった場合は、
正直逃げない方が良いです。

大抵の仕事は、目の前の仕事に集中すれば、
解決するので、できることであればやった方が良いです。

目の前の仕事から逃げたい時の心理としては、
【失敗したらどうしよう】などの不安感からくるものになります。

そういった場合の対応方法としては、
仕事をする際に力み過ぎず、逆に意識を低く取り組む位で良いです。
また、事前に考えることも大事ですが、ある程度のところまで考えたら、
とりあえずやってみて、やりながら考える方が、うまくいくこともあります。
どうしてもやってみないと分からないこともありますので。

正直会社員で仕事を失敗しても、
命をとられることは無いので、そんなに気負ってすることでは無いです。

あと、仕事をする上で常に100%の力を発揮することは、
正直言って不可能だと思うので、
適度にサボるようにして、ガス抜きをしましょう。

やらなくて良いものや優先順位の低いものは、
極力やらないで置いたり、
特に、直近で締切の業務が無い場合は、
仕事を休んでしまうのも手です。

例外として、
明らかに業務時間内では完了しない、物量の仕事を抱えての、
長時間労働の場合は、判断が必要です。

・一過性のものなのか?(常にその状態ではNG)
・上長に言って負荷を軽減できるのか?


会社側が上記に対して対応等をしてくれない場合は、
その職場を離れた方が良いです。

よく他の人が辛いのに自分だけ楽になるのは、
悪いと思ったりするのですが、
そんなことは無く、正直自分の身体が大事ですので、
積極的に動いて行った方が良いです。
自分自身の事は、自分で防衛しないと誰も守ってくれません。
上記のような会社は、社員を物としてしか見ていないので。

【逃げる】or【逃げない】判断基準【逃げた方が良い場合】

こちらに関しては、
体調にあきらかな変化がある際は、注意が必要です。

休みの日は、なんとも無いが
平日会社に行くときになると、体調が悪くなるパターンなど

例えば、
・夜眠れない(寝ても夜中に目が覚める)
・良くわからない微熱が続く(高熱でないため、それなりに動けるがダルイ)
・身体、頭がなぜか重い(思考がまとまらない)
・腹痛(お腹が緩い)


IT系で多いのですが、
朝遅刻する人が多かったりしますが、これは危険な予兆になります。
最初は、5分→15分→1時間→半日→全休→会社来なくなる
見たいにエスカレートしていきます。

上記以外には、
パラハラ等のハラスメント系は絶対にNGです。
ここだけは基本的に基準は自分で決めて良いです。
自分は、ハラスメントを受けていると思ったらそれでOKです。
できれば、物的な証拠があればなおよいです。

パラハラ等を受けて、体調が悪いのであれば、
すぐに職場を離れた方が良いです。
下手に我慢して動けなくなると、最低1ヵ月~半年、
もしくは、何年に渡って長引いてしまい、
復帰するのに多くの時間と労力が必要になります。

【逃げる】際に不安な時の考え方

逃げる際に、考えることは主に以下と考えます。

・辞める際に問題
・辞めた後、次の仕事が見つかるかの問題


文字数が長くなってきましたので、
詳細に関しては、需要があれば、別記事にて書こうと思います。

【仕事 逃げる】まとめ

  • 【仕事 逃げる】で上位に表示されるサイトの傾向
    • 仕事から逃げると逃げ癖がついてしまう
    • 仕事が辛かったら、逃げても良い
  • 仕事から【逃げる】or【逃げない】の判断基準はある
  • 【逃げる】or【逃げない】判断基準【まず考えること】
    • 逃げたいと思っている原因は何か
    • 規則正しい生活を送っているか
    • 自分自身の心身の状態はどうか
  • 【逃げる】or【逃げない】判断基準【逃げない方が良い場合】
    • 目の前の仕事から逃げたいといった場合は、逃げない方が良い
    • 明らかな長時間労働の場合は、判断が必要
  • 【逃げる】or【逃げない】判断基準【逃げた方が良い場合】
    • 体調にあきらかな変化がある際は、注意が必要。
    • パラハラ等のハラスメント系は絶対にNG
  • 【逃げる】際に不安な時の考え方
    • 辞める際に問題
    • 辞めた後、次の仕事が見つかるかの問題
    • 別記事にて書く予定

色々と書いてきましたが、
みなさんの役に立てればと思います。
以上です。

スポンサーリンク

PRESIDENT(プレジデント)【「嫉妬」の黒い心理学】感想

スポンサーリンク
嫉妬_1

はじめに

本記事は、2019年10月11日発売の、
PRESIDENT(プレジデント)【「嫉妬」の黒い心理学】
の感想記事になります。

全体的な感想

本書の内容について、
【嫉妬】についての付き合い方や対応方法について、
記載されていました。

【嫉妬】をテーマにして、色々な記事がありました。

例えば、
・【嫉妬】を糧にして、自分自身が頑張る人
・【嫉妬】をすることで、周りや対象を引きずり落とすこと。

前者の場合ですと、自分自身が努力しているので、
成長ができるのですが、
後者の場合ですと、ただ周りや相手を攻撃しているだけなので、
まったく成長していないです。

【嫉妬】自体は誰にでも起こりうることで、
防ぐことはできない感情なのですが、
【嫉妬】に対して、どう向き合うかによって、
自分自身に委ねられているのかなと思いました。

【嫉妬】というのは、マイナスイメージがあるのですが、
向き合い方によっては、
自分にとってプラスにもなり、マイナスにもなる、
もろはの剣かなと思います。

個人的に気になったところ

山ちゃんのデスノート!

南海キャンディーズの山ちゃんの、
これまでに芸人での仕事であったことを、
ノートに書き殴ってきた、嫉妬や復讐についての記事が気になりました。

引用元は、 【天才はあきらめた】という本なのですが、
その中で、 当時一緒に仕事をしていた、
スタッフや大物作家に対しての復讐してやるぞ的な、
内容を赤裸々に記載していることです。

嫉妬や復讐を糧に、【絶対に売れてやる!】という 、
強い執念見たいなものを感じました。
中にはただ他人を落としているだけのものもあり。
当時NSC同期のキングコングの怪文書を蒔いたり、
相方の しずちゃんの映画【フラガール】の出演を、
裏で止めさせようとしたり等

他人からの嫉妬への対応

嫉妬というのは、自分だけが持っているものではなく、
他人から受ける嫉妬というものがあります。
仕事がうまくいっても、他人から嫉妬によって、
仕事がうまくいかなくなることもあります。

本書では、
【見えない敵に備え万全 人に強くなるドリル 20】
というものがあり、他人からいらない嫉妬を買わないように、
するために対応方法が記載されています。

まとめ

・【嫉妬】に対する反応として以下がある。
  ・【嫉妬】を糧にして、自分自身が頑張る人
  ・【嫉妬】をすることで、周りや対象を引きずり落とすこと。
・南海キャンディーズの山ちゃんのデスノート
・他人からの嫉妬への対応
  【見えない敵に備え万全 人に強くなるドリル 20】

バックナンバーに興味ある方は以下から確認できます。
PRESIDENT(プレジデント)社ホームページ
https://presidentstore.jp/

色々と書いてきましたが、
みなさんの役に立てればと思います。
以上です。

スポンサーリンク