PRESIDENT(プレジデント)【金持ち老後ビンボー老後】感想

スポンサーリンク
金持ち老後ビンボー老後_1

はじめに

本記事は、2019年09月27日(金)発売の、
PRESIDENT(プレジデント)【金持ち老後ビンボー老後】
の感想記事になります。

感想

・全体的な感想
・気になった点
・その他


・全体的な感想
以前、ニュースになっていた、
老後資金2000万円不足問題をテーマにした内容でした。

現在働いていて、定年退職後は、
ちゃんと年金をもらえるのかに対して、
老後資金2000万円不足問題は、 一応年金は払うけど、
【足りない分は自分でなんとかして下さい】という、
政府からメッセージになります。

では具体的に何をしたら良いかについて、
それぞれの以下のケース毎に、対策が記載されていました。
・住宅ローン
・奨学金
・年金繰り下げ
・再就職
・医療費

リアルに家族構成などの事例があり、
金額を試算して、対策をしていました。

自分自身アラフォーなので、
老後資金2000万円不足問題 は他人ごととは思えないです。

仕事があって働いている時は良いが、
定年退職した後、すぐに再就職先が見つかれば良いが、
見つからない場合なども、
早い内から検討しておいた方が良いです。

独り身であれば、多少はなんとかなるかもしれないですが、
養う必要のある家族等がいる場合、
事前に準備しておいた方が、
その時になってあわてないで済むと思います。

・気になった点
【役所に申請すれば、お金がもらえる】
老後の2000万不足問題に対して、
事前に貯蓄することも大事ですが、
あらかじめ無駄な支出を防ぐことも重要と思います。

以下の各世代ごとに、お金に困った時の制度が記載されていました。
出産・子育て世代
働き盛り世代
老後・介護世代

全般的に役所関連は、こちらから能動的に動いていかないと、
情報を得られないことが多いので、
活用できるものは、すかさず活用するのが良いです。

・その他
【退職金で小さな会社を買う】
私自身その発想が無かったのですが、
定年退職して脱サラして、自分で何かしらの店を、
経営等をするというのは、聞いたことがあります。

本記事で紹介されていた、
「サラリーマンは300万円で小さな会社を買いなさい」
という書籍がベストセラーとなり、
それに記載されていることとしては、
日本の約380万社ある中小企業の内、
約100万社は、後継者を求めているとのこと。

その多くのオーナは高齢化しており、
会社的には、黒字なのですが、
後継者が見つからないことで、
廃業するケースがあるとのことです。

なので、自分で一から何かを経営するよりかは、
元からある会社の後継者になる方が、
知見や経営のノウハウもあるので、
幾分かはやりやすいのかもしれないです。

まとめ

全体的な感想
●老後資金2000万円不足問題についてそれぞれの対策がある。
・住宅ローン
・奨学金
・年金繰り下げ
・再就職
・医療費
●気になった点
・以下の各世代ごとに、お金に困った時の制度が記載されていました。
・出産・子育て世代
・働き盛り世代
・老後・介護世代
●その他
【退職金で小さな会社を買う】


バックナンバーに興味ある方は以下から確認できます。
PRESIDENT(プレジデント)社ホームページ
https://presidentstore.jp/

色々と書いてきましたが、
みなさんの役に立てればと思います。
以上です。


スポンサーリンク

投稿者: 冬木正宗

趣味でブログ始めました。 普段は、システムエンジニアをしております。 ブログは、雑記をメインに書いていますが、 他にも気になることがあれば書いていきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です