朝起きる方法

スポンサーリンク

この記事は、朝うまく起きれない人に対して、
どのようにすれば起きることができるか、についての記事になります。
記事を読んで、何かしらの助けになればと思います。

■目次

  • 寝る前
  • 寝る前のスマホは我慢
  • 気の進まない用事がある場合
  • 起きる時
  • 手の届く範囲に目覚ましを置かない
  • 大音量の目覚ましに変える
  • 録画している番組、Youtubeの動画を見る
  • 太陽の光を浴びる
  • アプリで目を覚ます
  • 寒い朝でもスッキリ起きる方法
  • おまけ
  • マジで朝起きるのが楽になりまくる方法が分かったから教えてやる
  • 定刻起床装置 「やすらぎ100」(個人簡易型)

朝起きる前に、まず寝る前の行動も大切になります。
なので、まずは寝る前にすることを記載します。

●寝る前

・湯船につかる
・寝る前のスマホは我慢
・気の進まない用事がある場合

・湯船につかる

しっかり湯船につかり、リラックスした状態で眠りにつくことで、
次の日に気持ち良く起床できます。

湯船につかり体温が上がった後、
ちょうど寝る位の時間に体温が下がるくらいの時間がベストです。
人の体は体温が下がると眠気がくるので、それを利用して、眠りにつくようにします。

忙しい時は、シャワーだけですませてしまいがちですが、
時間がある時は、ゆっくりと湯船につかった方が良いです。

・寝る前のスマホは我慢

寝る前にスマホを見ると、脳が興奮して眠れなくなります。
スマホからは、ブルーライトが出ており、睡眠をさまたげる原因になります。
なので、寝る前にyoutubeの動画を見たり、ソシャゲなどはやらない方が良いです。やるのであれば、朝起きてからの方が良いです。

・気の進まない用事がある場合

以下のことをすれば良いので、一旦気にしないで寝て大丈夫です。

正直やらなくて良いのであれば、やらない。
ただ、世の中の大半はそれができないです。
なので、コツとしては、要素を細分化する。
例:取引先に気の重くなるメールを送信する時
1、マウスでメーラーをクリックする
2、キーボードに指をおく
3、新規メールを開く
4、文字を打ち込む
5、送信ボタンを押す

自分の中で負担にならない位細かく分けます、
その際に感情を一切挟まないようにすると良いです。

●起きる時

・手の届く範囲に目覚ましを置かない
・大音量の目覚ましに変える
・録画している番組、Youtubeの動画を見る
・太陽の光を浴びる・アプリで目を覚ます
・寒い朝でもスッキリ起きる方法

・手の届く範囲に目覚ましを置かない

手の届く場所に置くと、すぐに止めてしまうため、布団やベッドから離れたところに置きます。

・大音量の目覚ましに変える

できれば近所迷惑になるくらいのものが良いです。
そうすれば、他人に迷惑がかかるという心理が働いて、起きれると思います。

・録画している番組、Youtubeの動画を見る

基本的に自分の観たいものをあらかじめ決めておき、朝起きたら観るようにします。

・太陽の光を浴びる

人の体内時計は、25時間周期になっており太陽の光を浴びることによって、
リセットされる仕組みになります。
また、朝起きた時に太陽の光を浴びるのは身体にも良いので、おすすめです。

・アプリで目を覚ます

普段、自分が使用しているアプリになります。
起きる際に、数学の計算を解かないとアラームが鳴りやまないという設定にしています。
なので、アラームがなったときに、計算を解くまではアラームが鳴り続けています。

アラーム クロック:目覚まし時計、ストップウォッチ、タイマー 無料https://play.google.com/store/apps/details?id=com.alarmclock.xtreme.free&hl=ja

設定方法

パズルを「数学に設定」

【パズルを解除】を「数学」に設定

難易度、問題数設定

【難易度】、【問題数】を設定
自分でできそうなレベルで設定する。

・寒い朝でもスッキリ起きる方法

冬は寒くて、朝起きるのが辛いと思います。
その時は、自分がおきる時間の1時間位までに、
エアコンが付くようにタイマーを設定しておき、
起きる頃には、温かくなっている状態であれば、比較的起きやすいと思います。

●おまけ

ここからはおまけになります。
参考にどうぞ

・マジで朝起きるのが楽になりまくる方法が分かったから教えてやる
http://world-fusigi.net/archives/8299484.html

以前、2chにあった内容になります。
レム睡眠とノンレム睡眠の周期が90分なので、
その応用かと思います。(効くかどうかは試していません)

・定刻起床装置 「やすらぎ100」(個人簡易型)

昔駅員が寝坊したことで、
駅が開かないニュースがあった時期に登場した装置になります。
個人的には欲しいのですが、
値段が少々高いのと、装置が大きいので場所をとりそうな感じがします。
※ただ、確実に起きれると思います。

朝起きる方法について色々と書きましたが、
このうちのどれかでも、参考になればと思います。

スポンサーリンク

投稿者: 冬木正宗

趣味でブログ始めました。 普段は、システムエンジニアをしております。 ブログは、雑記をメインに書いていますが、 他にも気になることがあれば書いていきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です